南国スキーぶろぐ・Z

岩手県盛岡市のネタを中心としたお出掛け雑記ブログ

盛岡競馬場「オーロパーク」に行ってきた

盛岡市, お出掛け ,

盛岡競馬場オーロパーク

8月16日の火曜日。
特に予定もなかったので、娘を連れて初めて盛岡競馬場「オーロパーク」に行ってきました。
目的はギャンブルではなく、チラシやCMで告知されていたイベント。
八幡平市などの美味い物の屋台が出店されたりと、いろいろ楽しそうな雰囲気があったので行ってみよかなと思ったの。

それに娘は勿論、俺自身もチャグチャグ馬コの農耕馬しか見たことがなく、早く走ることに特化したサラブレッドを見た事が無かったので、良い経験になるかなーと思ってね。

山奥過ぎるぞオーロパーク

盛岡競馬場「オーロパーク」は結構な山奥に有ります。
狭くてウネウネ曲がった山道を登り、周りに人気が無くなってきた頃にデデン!と巨大な競馬場が現れます。

旧盛岡競馬場は盛岡市の中心部にあったんだけど、渋滞とかいろいろ問題があったので山奥に新設したんだろうね。
にしても限度というものがあると思うが...。

ビックリするくらい立派な競馬場でした

オーロパーク

オーロパークには3,000台も停めれる駐車場があるので、よっぽどの事がない限り車で行っても大丈夫だと思います。

車から降りると「わんこきょうだいの歌」が流れていて楽しげな雰囲気。
さぞ楽しいイベントが待っているに違いない。

普段は入場料200円を払う必要があるみたいだけど、今回はイベントのチラシを持って行くと入場料が無料になるとの事だったので、タダで入場する事が出来ました。

中に入ってみてビックリ。
一番上の写真がそれだけど、巨大な建物とその前に建っているサラブレッドの彫刻があまりに立派で、「維持できるんかいな...」と要らぬ心配をしてしまうほどでした。
予備知識無しで行ったので、あまりの立派さに驚いちゃいました。

とっても綺麗で立派な内部

オーロパーク内部

建物の中に入ると、大きな液晶がある巨大なホールがビックリ。
競馬場というよりは、都会にある立派なイベントホールっぽい雰囲気だ。
盛岡の山奥にあると言うことを忘れてしまう感じだよ。

でもね、これを言っちゃしょーがないけど、そのお洒落で立派なホールに居る人達は、どう見てもギャンブラー。
競馬場だから当たりまえなんだけど、建物が持つ雰囲気と、そこに居る人達の雰囲気にギャップを感じたな。
正直、ちょっと近寄りがたい雰囲気を持った人も結構居たしね。
まぁ、どう考えてもその人達に罪はない。
ここは競馬場なのだ。

広大なコース

オーロパークのコース

1階の屋外スタンド席に行ってみた。
いやー競馬場って広いねー。
想像以上の広さにまたまた驚いちゃったよ。

オーロパークはダートと芝のコースがあるんだけど、地方競馬のみを行う競馬場で芝のコースがあるのは盛岡競馬場だけなんだって。
なにかと豪華な競馬場だね。

パドックでサラブレッドと初対面

パドックでサラブレッドを見る

場内を一通り見て回っていたら、パドックに第一レースに出走するサラブレッドが出てきたので見に行ってみた。
俺も娘も人生初のサラブレッドです。

いやー早く走ることに特化した生き物ってフォルムに無駄がないよね。
本当に格好良い。
娘も「カッコイイねー!」とか言ってくれたので、この時点で競馬場まで来た目的の半分以上は達成です(笑)。

馬券の買い方が分からない...

パドックでサラブレッドを見た後は馬券の購入です。
馬券の買い方はマークシート方式なんだけど、シートが4種類くらいあって買い方が全く分からなかった...。
本当に分からなかったので買いませんでした(笑)。

11時になり第一レースがスタート。
俺と娘はゴール前の柵の所で観戦。
目の前をあっという間に走り去るサラブレッド。
終了(笑)。

疾走するサラブレッドは超絶カッコ良かったけど、あまりに一瞬で...。
ギャンブルで結果重視なら良いんだろうけど、サラブレッドが走る所を娘に見せたかった俺としては、あまりに一瞬で...。

山葡萄ジュースとパンを購入

美味いものテントはこれだけ...

3歳の娘の事を考えると、次のレースが始まるまで待つのも退屈なので、外に出てチラシに載っていた八幡平市などの美味いものを物色してみました。
が、想像以上の規模の小ささに「...。」でした。

チラシとCMから察するに、もっと色々なテントが出てワイワイなってるのかなと思いきや、テントの数は5つ程。
正直、町内会のお祭りの方が豪華かも...。

何も買わずに帰るものなんなんで、山葡萄ジュースとサラダファームのパンとハンバーガーを購入。
それはそれで美味しかったけど、ちょっと想像と違いすぎたかなー。

競馬場はギャンブル場

俺が盛岡競馬場「オーロパーク」に実際に行ってみて正直に思ったことは「俺の来る場所じゃなかったな」って感じです。

建物はとってもお洒落で綺麗だし、疾走するサラブレットはとてもカッコ良かったです。
でも、競馬場を包み込む雰囲気は、競馬で一山当てようとしているギャンブラーのオーラでした。
なんか空気がピンと張ってる感じっていうのかな?

まぁ、競馬場はもともとギャンブル場だから当然と言えば当然。
俺らが異端だったんです。

娘は疾走するサラブレットを見て楽しんでました。
でも、当然ながら次から次へとテンポよくレースが開催されるわけじゃないので、次のレースまでの時間を潰すことが出来ませんでした。
その結果、第一レースだけ観戦し、岩山パークランドへゴーでした。

子供連れのレジャーとしてはイマイチだと思ったけど、ギャンブルとしての競馬を楽しむなら綺麗で清潔感のある建物だったので、女性や若者も楽しめるんじゃないでしょうかね?