南国スキーぶろぐ・Z

岩手県盛岡市のネタを中心としたお出掛け雑記ブログ

盛岡アイスリンクでスケートしてきたよ

盛岡市, お出掛け ,

盛岡アイスリンク先日の初スキーに続き、長女に季節物のスポーツを体験させてきました。最近、めちゃめちゃ寒いけど、休日に子供が家でテレビばっかり見てるのは健全じゃないからね。今回は娘的に人生初となるスケートです。盛岡のスケート場は、昔からある岩手県営スケート場と、最近出来たばかりの盛岡アイスリンクがあるのですが、今回は盛岡アイスリンクに行ってきました。

天候の影響を受けない室内スケート場

スケート靴のレンタル料金が安くで済む岩手県営スケート場ではなく、盛岡アイスリンクを選んだ理由ですが、最近やたらと寒いので、天候の影響を受けない室内スケート場である盛岡アイスリンクの方が良いかなと思ってね。やはり、スキーもそうですが寒すぎると「もう行かない」ってなりかねないなとね。

使用料とスケート靴のレンタル料

盛岡アイスリンクの使用料(入場料)は、1回券だと大人600円、高校生300円、小中学生200円、幼児無料です。んで、スケート靴のレンタル料金は大人も幼児も300円です。滑らない付き添いの人は入場料はかかりません。

レンタルのスケート靴は、15cmから用意されています。4歳半の娘(割りと小さい方)は15cmがちょうど良い感じでした。ヘルメットは無料で借りれますので、子供は必ず借りてかぶりましょう。あと、子供だけじゃなく大人も手袋の着用は必須です。着けないと滑れません。忘れた人は受付で10円で借りれるみたいです。ロッカーと更衣室もあったので、不便さを感じることは無いかと思います。

完成したばかりの綺麗なスケート場

スケート靴を履いて貸靴室を出るとこんな感じでスケートリンクがあります。写真には写っていませんが、右側にはカーリング場がありました。平成27年に完成したばかりなので小綺麗な感じがして良かったです。

一般スケーターは反時計回りに周ります。スケートリンクの中心には小さなパイロンが置かれていて、フィギュア選手の練習スペースになっていて一般のスケーターは進入禁止になっています。女の子2人が練習していましたが、アクセルなんだかルッツなんだか分かりませんがクルクル回ってました。10歳くらいかな?凄いねぇ。

あと、スケートリンク内でのスマホ撮影は禁止です。知らずに初スケートの写真を撮ったら注意されました。まぁ、確かに周りが見えなくなるから危ないわね。

子供はパイロンを使って練習

さて、肝心のスケート。俺はスキーヤーなもんで、同じ滑るスポーツであるスケートくらいなんとかなるだろと思っていました。が、その考えは超絶に甘かったです(笑)。ママ曰く「ぶさま」。

娘をサポートするどころか、娘を転ばせないように支えるのに必死で、まともに前に進めません。娘も「怖いぃ」とか言って怪しい空気が流れていました。周りの子供達を見てみると、ハンドルが付いたパイロンを使ってスケートの練習をしています。

係の人に聞いてみると、レンタルとかじゃなくて空いているパイロンがあれば使っていいですよとの事なので周囲を探してみると、一個だけ使われていないパイロンがありました。それを娘に与えてみると、水を得た魚のように楽しそうに滑り始めました。

まぁ、滑るというよりは、ブレード先端のギザギザの所で歩いてる感じでしたが、本人が楽しんでいるようなので細かいことはどーでも良いです。

嬉しい半面、困ったことに、娘がなかなか帰ってくれなくてね^^;
途中で、15分間の整氷作業が入ったんだけど、そのタイミングで帰ろうとしたら拒否られて、結局その後30分くらいグルグル回ってたかな。もう、俺とママは寒くてね(笑)。まぁ、楽しんでいるようなのでなによりですけどね。

子供のスケート必須アイテム

と言う訳で、初スキーに続き、初スケートも無事に終了&楽しんでくれたようで親としては一安心です。で、今回初めて子供をスケートに連れて行って思ったことを最後に箇条書きにしますね。

  1. ヘルメットは必須!
  2. 靴下はスキー用の厚手の物を履かせよう
  3. ズボンの上にナイロンジャージを履かせよう
  4. 親は防寒対策を忘れずに!

ヘルメットは必須ですね。滑ってる間、頭を擦ってる人を何人見たなかぁ?みんな転んで頭ぶつけてました。女子高生は、転んで壁にぶつかった反動で頭を氷に打ち付けて、1分くらい立てませんでしたからね。マジで危ないっすよ。

靴下は厚手の物が良いです。防寒もですが、スケート靴は足にピッタリした物を履かせる上に結構硬いので、足を守ると言う意味でも厚手のスキー用ソックスが良いと思います。

春先の暖かい日じゃない限り、氷の上に溶けた水が張ると言う事は無いと思いますが、削られた氷が転んだ時に付いて冷たくなる事はあると思うので、ズボンの上にナイロンジャージかスキーウェアを履かせた方が良いと思います。

そして、親。今回は俺が一緒に滑って、ママが滑らず付き添いだったんですが、結構芯から冷えましたね。子供は必死に滑ってるので寒くなかったようですが、それに付き添ってる俺と、椅子で見ているママは寒くって。毛布の貸し出しもありましたが、室内スケート場とは言え、しっかり着込んできた方が良いと思います。

また行きたいらしい

娘曰く「また行きたい」そうで、本人的にはスキーよりもスケートの方が良いとか言っちゃってます。前記の通り、俺はスキーヤー、ママはボーダーなので、正直困ります(笑)。まぁ、本人が楽しければそれで良いんですけどね。

と言う訳で、冬は冬にしか出来ないスポーツを体験させるというノルマは達成したので、後は本人の希望で、あと数回スキーかスケートに連れて行きたいと思います。