南国スキーぶろぐ・Z

岩手県盛岡市のネタを中心としたお出掛け雑記ブログ

デジタル一眼レフカメラとズームレンズで高松の池の白鳥を撮影してきたよ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ

盛岡市, 写真 , ,

1月14日に高松の池に行った際に、iPhone8で白鳥を撮影してきました。
Live Photos機能に助けられながらも、デジタルズーム時の画質の粗さにガッカリしちゃったんで、今回はお散歩ついでにデジタル一眼レフカメラ「Nikon D7000」と「TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD TS (A030)」を持ってリベンジしてきました。

白鳥のリアルな質感

今回はズームレンズを装着していったので、寄りで撮影すると白鳥のリアルな質感がわかります。
白鳥のクチバシって、新幹線のノーズみたいだね。
飛んでる時の空気抵抗を考えると、やはりこの形に行き着くのかもね。

白鳥の背中部分のアップです。
フワフワじゃなく隙間なく折り重なっている感じだね。
水も弾いていて、抜群の撥水性です。
だから凍りついている水に浮いていても体温が奪われないんだろうね。

白鳥が羽ばたいた瞬間を撮りたいの

やっぱり白鳥が一番綺麗に見える瞬間は羽を広げた時でしょう。
これが本当に難しい。
「あ!」と思ってカメラを向けても時既に遅し。
狙いをつけて構えていても、こっちの思いなど知るはずもなく、なかなか羽ばたいてくれません。

前回はiPhoneのホワイトバランスとLive Photosの優秀さに助けられましたが、今回はデジタル一眼レフカメラのフォーカススピードの速さに助けられました。
カメラを構えつつ、肉眼で池全体を見渡し、羽ばたいた瞬間にファインダーを覗いて連射です。
オートフォーカスのスピードが早いので、それでもピンぼけせずに撮影出来ました。

トリミングはしまくってますが、まぁまぁ綺麗な写真が撮れたかなと。
ちょっと残念だったのが、太陽が雲に隠れて日光が照りつけていなかったこと。

この写真は前回iPhone8で撮影した写真ですが、白鳥の翼が透けて透明感があります。
が、iPhone写真なので、これ以上トリミングすると画質の悪さが際立ってしまいます。
このコンディションで一眼レフを使いたかったなぁ。

羽ばたく瞬間だけを狙っていたら、娘が「あ!飛んできたよ!」と声をあげたので、慌ててカメラを向けて撮影したのがこの写真。
だいぶ遠くに着水したんだけど、ここでズームレンズの本領発揮です。
トリミングはしてるけど、高画質で撮影することが出来ました。

一眼レフは楽しいよ

SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD TS (A030N)俺自身、家族でディズニー旅行に行った時に荷物になるからと一眼レフを持って行かなかったりしたけど、やっぱり一眼レフは楽しいよ。
マニュアル設定で狙い通りの写真を撮れるし、やっぱり画質が違います。

会社の先輩曰く、10年前に買った俺のD7000よりも、最近のお手軽デジタル一眼レフカメラの方が、高感度でのノイズが少ないらしいので、新しいデジタル一眼レフカメラが欲しくなってきました。